So-net無料ブログ作成

渡辺直美さんも使用しているカメラ『CANON PowerShot G7 X』 [カメラ]

5月13日の「嵐にしやがれ」に渡辺直美さんがゲスト出演し、インスタグラム講座をしていました。
その中で紹介されていたのがコレ『CANON PowerShot G7 X』。
CANON の一眼レフにコンデジを所有している私歓喜。
※現在はバージョンアップして『G7 X Mark II』になっています。

PowerShot G シリーズは、CANON のコンデジの中でもフラッグシップ (最上位) モデルです。
ただし、一言で G シリーズといっても「G1 X」「G3 X」「G5 X」「G7 X」「G9 X」と5モデルあり、数字が小さいほど高額になります。(ちなみに私は「G1 X Mark II」を所有しています)
「G7」ということはさらに上に3モデルもあることになりますが、G3~G9 はカメラの心臓部ともいえる撮像素子のサイズがすべて1.0型と同じです。
つまり、基本的な性能である「画質」は同等ということになります。
なら何が違うのかというと…




G3 X
焦点距離:24 - 600 mm
解放F値:F2.8 - F5.6
質量:733 g

ものすごくズーム倍率の高いレンズが付いています。
つまり、レンズ部が高価。
高倍率ズームレンズなので、どうしてもレンズ部が大きくなります。
いろんなシーンで使える非常におすすめできる製品ではありますが、価格と本体の大きさから万人におすすめはしづらいです。
さらに防塵・防滴のおまけ付き。

G5 X
焦点距離:24 - 100 mm
解放F値:F1.8 - F2.8
質量:377 g

EVF (デジタルのファインダー) が付いている他、デザインに少し凝っています。
EVF がある分やはり本体は大きい。
かなり個人の主観が入りますが、本モデルだけはおすすめしません。

G7 X Mark II
焦点距離:24-100 mm
解放F値:F1.8 - F2.8
質量:319 g

余分なものが付いていない、小型で持ち運びしやすいバランス型。
普通のコンデジを少し大きくした感じ。

G9 X Mark II
焦点距離:24 - 84 mm
解放F値:F2.0 - F4.9
質量:206 g

G シリーズの入門機。
G7 X と比べて 100g ほど軽い半面、下記のような劣っている点があります。
⇒ 液晶が固定。G7 X はチルト型。
⇒ レンズが暗い = 暗いところでの撮影に弱い。(コレは特に重要)


以上のことから、「G7 X」は高画質と持ち運びを両立したバランスのいいカメラということになります。
インスタ女王こと渡辺直美さんも愛用していることからも、その性能は折り紙付き。
ただ普段2~3万円のデジカメやスマートフォンでしか撮影していない人にとっては、約6万円という価格は結構抵抗があると思います。
買ったはいいけど扱いきれるだろうか…といった心配もあるでしょう。
そんな人たちに最後に一言。

「高価なカメラほど、オートで撮影しても綺麗な写真が撮れます」






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0