So-net無料ブログ作成
-| 2017年05月 |2017年06月 ブログトップ

彫刻して名入れしてもらえるペアグラス!

名入れ製品はいろいろありますが、今回紹介するのはなんとペアのグラス!
グラスへの名入れを目にするのは初めてです。

しかし、これはただの透明グラスではありません。
下の写真を見てください。
底の方がうっすら赤色と黒色に見えませんか?
なんと、グラスの底に桜が描かれているんです。
それも職人さんによる手作業です。
(絵柄の詳細は下記リンク先でご確認ください)

これに名入れも加われば、まさにこの世に1つしか存在しないグラスの出来上がりです。
ご自身やご両親の結婚記念日、長寿の記念などにプレゼントされてはどうでしょうか?



タグ:ペア 名入れ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

折りたたみ式の紙でできた椅子

折りたたみ式の紙でできた「Accordion Paper Stool」。
アコーディオンという、広げたり閉じたりしながら演奏する特徴的な楽器がありますよね。
この椅子はまさにそれ。
保管時は折りたたむことで厚み3mmの板状で収納場所を選びません。
そして使う時はアコーディオンのように広げ、くるっと丸めることで椅子として使うことができます。

材質は丈夫なクラフト紙で、耐荷重は驚異の300kg。
さらに防水加工も施されているので、飲み物をこぼしてしまっても安心です。
高さは28cm、35cm、42cm、50cmから選べるため、ほとんどの人に対応できます。

この強烈なインパクト。
目立つこと間違いなし!
(他にもテーブルやライトなどもあります!)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

犬のシャンプー [犬]

犬は人間と違ってほとんど汗をかきません。
なぜなら汗をかく汗腺が身体のごく一部にしかないためです。
このため、長期間お風呂に入れなくても人間のような汗臭さを感じることはありません。
しかし、悪臭とは言わなくても、犬独特の匂いは日に日に強くなってきます。
また、犬は基本的に服や靴などを身に着けませんし、地面に近いことから汚れは付着します。
このため、定期的なシャンプーは必要です。


シャンプーの頻度

一般的に月1~2回の人がほとんどだと思います。
我が家も基本的には月1回、毛が抜ける時期は月2回ぐらいです。
犬は人間と違い、毎日お風呂に入れれば良いというものではありません。
犬の皮膚は人間とは違い、過度なシャンプーはかえって皮膚を痛めてしまう結果になります。
このため、多くとも月2回ぐらいにすべきでしょう。


シャンプーのポイント

シャンプーの前に入念にブラッシングする。
毛のもつれはシャンプーの妨げになります。
このためブラシで毛並みを整えましょう。
また、抜けた毛で排水溝が詰まることの予防にもなります。

・シャワーの温度は 35~37℃ を目安に!
最初に述べたように、犬には汗腺がほとんどありません。
このため、体温を逃がすのはとても苦手なんです。
そんな犬に熱いお湯をかけたらどうなるか…
身体に熱がたまって熱中症になってしまいます。

・顔は最後にシャンプーし、顔のシャンプーから洗い流す。
犬は人間と違い、目を閉じていてと言っても閉じていられません。
泡が目に入って悪いことはあっても良いことなど何一つないので、顔周りは最後にシャンプーし、終わったらすぐに洗い流しましょう。
その際は目にシャンプーが入らないよう、目の周りを抑えるなどして注意してください。


おすすめシャンプー 3点

・「ノルバサンシャンプー0.5
犬のシャンプーとして一番最初に思い浮かぶのがコレ、獣医が認める殺菌消臭効果をもつシャンプーとして有名です。
ノルバサンは低刺激でありながら高い殺菌消臭効果を持つということで、高温多湿な日本には特におすすめと言えます。
他2点と比べるとちょっとお高いのがネックですが、迷うならとりあえずコレを買っておけばいいという一品。






・フジタ製薬「薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプー
ダニやノミの駆除・予防薬の「マイフリーガード」で有名なフジタ製薬さんのシャンプー。
安心の国産です。
ノルバサン?何それよくわからないという漠然とした不安を持つ人にはこちらをおすすめ。
商品名にもなっていますが、高い殺菌作用のあるクロルヘキシジンを配合しており、かゆみやフケ、抜け毛がひどいとお悩みの人は試しに使ってみてください。






・A.P.D.C.「ティーツリーシャンプー
最後におすすめするのが、最近うちで使っているコチラのシャンプー。
より安心・安全なものをということで、無農薬で育てられたティートリー植物をメインにしたシャンプーです。
とにかく使い勝手がよく、短時間でシャンプーを終わらせることができます。
そしてサラサラ。
シャンプーを嫌がるワンちゃんにおすすめできます。






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

40種類から選べる犬の絵に、名前を入れられるお散歩バッグ [犬]

お散歩バッグの紐が切れてしまい、新しいのを購入することにしました。
これまではただの小さいバッグでしたが、今回は「犬」がテーマです。
ちなみに我が家の愛犬は柴なので、当然柴犬の絵入りが絶対条件です。

そんな中見つけたのが今回のバッグ。
なんと柴犬どころか40の犬種から絵を選べます!
40種もはさすがに言い切れませんが、最初の5種はこんな感じです。
  1. 柴犬 (茶)
  2. 柴犬 (黒)
  3. M.シュナウザー
  4. マルチーズ
  5. P.W.コーギー

(残りの35種や絵は、最後のリンク先で確認してください)

なんと1番と2番が共に柴犬。ちょっと感激しました。
さらに名入れに文字色まで指定できるという充実のサービスで、納期は2〜4日とお待たせしません。
愛犬の絵入り名入りバッグをで散歩すれば、注目の的になれるかも?






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

長さをオーダーメイドできる犬の首輪 [犬]

去年首輪と同時購入した皮のリードが切れたので、首輪は切れる前に購入しようと決めて探し出したのがこの首輪。
今回も皮の首輪で探しましたが、一言で皮と言っても種類の多いこと。
首輪を選ぶだけで2週間ぐらい掛かりました。

そんな私の選定基準はこちら。
  • 赤色であること。
  • 丈夫そうであること。
  • 変な飾りや模様が付いていないこと。(これが難しい!)

そういうわけで2週間悩み抜いて選択したのが今回の首輪です。
この首輪の良いところは上記3点に加えて…
  • 首輪に名前を入れられる。
  • 首輪の長さをオーダーメイドで指定できる。
  • バックルにローラーが付いていて、首輪の取り付けがもの凄く楽!

特に地味に凄いのが最後のローラーです。
これは使い始めてから気づいた機能なんですが、ベルトをバックルに通す時にローラーが回転して、ベルトを抵抗なく通せるんです。
このおかげで太いベルトの取り付けも楽々。思わぬ拾い物をした気分でした。

そんな私の希望を超えてきた首輪ですが、1点だけ注意があります。
それはオーダーメイド故の納期の長さ。
在庫があれば翌日発送という品と違い、注文してから発送まで10日ほど掛かります。
このため、注文は少し余裕を持って行なってください。







▼ 使用半年後
首輪が少し伸びてきました。
皮に厚みがあるから伸びやすいんでしょうか?
グイグイ引っ張っていく犬ではありますが、今だと首輪との隙間に指4本入ります。
首輪を注文する際、少し余裕をとって長めに注文するかもしれませんが、力のある犬の場合はちょうどいいサイズで注文するといいかもしません!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フロントライン プラスは通販で買うと約半額! [犬]

ノミ・ダニ対策として外せないフロントライン プラス。
我が家の愛犬は小型なのでSサイズですが、それでも動物病院で買うと1つ1500円。
それを4月から11月の8回投与するよう動物病院から言われています。
つまり1500円×8ヶ月で年間12000円です。
さらにフィラリアの薬も加わるので、軽く2万円を超えます。
とても痛い出費です。
そこで何とか安くならないかという思いで調べてみたところ、フロントライン プラスは通販で買えるようになったことを知りました!


そこで今回紹介するのは、私が購入している松波動物病院さんです。
もちろん他のところでも買えますが、松波さんのいいところは国内正規品であるということ。
つまりパッケージが日本語です。
パッケージが英語だろうと日本語だろうと中身は同じですが、日本語を見るとなぜか安心できるのが日本人。

気になる価格ですが、Sサイズ6個入りで税込4800円程。1個あたり800円です。
これまで1500円で購入していたので半値近くまで下がりました。
(※価格は変動する可能性があります)

とはいえ普段お世話になっている動物病院さんのこともあるので、心持ち的な感じですが6個を松波動物病院さんから、2個を普段お世話になっている動物病院さんから購入しています。
通販での購入は抵抗もあるでしょうが、買えないとなるぐらいなら通販を検討されてはいかがでしょうか?





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北陸アルミ フライパン センレンキャスト

我が家で愛用しているアルミ製のフライパンです。
これまでいろいろ使用してきましたが、今はコレに落ち着いています。

アルミフライパンは軽くて熱伝導性が良いという反面、食材がひっつきやすく扱いが難しいというデメリットがあります。
しかし、北陸アルミのフライパンは最上級グレードのテフロン加工でこの欠点を克服しています。
使い方も一般的なテフロン加工のフライパンと同じです。
注意点も同じで、金属のヘラなどでガリガリやってしまうとどんなテフロン加工でも剥がれてしまいます。


おすすめポイント

  • 日本製であること。
  • アルミは熱同率が大変よく、すぐ温まるし均等に火が通りやすい。
  • 軽いので 28cm のフライパンでも比較的楽に扱えます。
  • 最上級の耐久性を誇るテフロン加工!






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

渡辺直美さんも使用しているカメラ『CANON PowerShot G7 X』 [カメラ]

5月13日の「嵐にしやがれ」に渡辺直美さんがゲスト出演し、インスタグラム講座をしていました。
その中で紹介されていたのがコレ『CANON PowerShot G7 X』。
CANON の一眼レフにコンデジを所有している私歓喜。
※現在はバージョンアップして『G7 X Mark II』になっています。

PowerShot G シリーズは、CANON のコンデジの中でもフラッグシップ (最上位) モデルです。
ただし、一言で G シリーズといっても「G1 X」「G3 X」「G5 X」「G7 X」「G9 X」と5モデルあり、数字が小さいほど高額になります。(ちなみに私は「G1 X Mark II」を所有しています)
「G7」ということはさらに上に3モデルもあることになりますが、G3~G9 はカメラの心臓部ともいえる撮像素子のサイズがすべて1.0型と同じです。
つまり、基本的な性能である「画質」は同等ということになります。
なら何が違うのかというと…




G3 X
焦点距離:24 - 600 mm
解放F値:F2.8 - F5.6
質量:733 g

ものすごくズーム倍率の高いレンズが付いています。
つまり、レンズ部が高価。
高倍率ズームレンズなので、どうしてもレンズ部が大きくなります。
いろんなシーンで使える非常におすすめできる製品ではありますが、価格と本体の大きさから万人におすすめはしづらいです。
さらに防塵・防滴のおまけ付き。

G5 X
焦点距離:24 - 100 mm
解放F値:F1.8 - F2.8
質量:377 g

EVF (デジタルのファインダー) が付いている他、デザインに少し凝っています。
EVF がある分やはり本体は大きい。
かなり個人の主観が入りますが、本モデルだけはおすすめしません。

G7 X Mark II
焦点距離:24-100 mm
解放F値:F1.8 - F2.8
質量:319 g

余分なものが付いていない、小型で持ち運びしやすいバランス型。
普通のコンデジを少し大きくした感じ。

G9 X Mark II
焦点距離:24 - 84 mm
解放F値:F2.0 - F4.9
質量:206 g

G シリーズの入門機。
G7 X と比べて 100g ほど軽い半面、下記のような劣っている点があります。
⇒ 液晶が固定。G7 X はチルト型。
⇒ レンズが暗い = 暗いところでの撮影に弱い。(コレは特に重要)


以上のことから、「G7 X」は高画質と持ち運びを両立したバランスのいいカメラということになります。
インスタ女王こと渡辺直美さんも愛用していることからも、その性能は折り紙付き。
ただ普段2~3万円のデジカメやスマートフォンでしか撮影していない人にとっては、約6万円という価格は結構抵抗があると思います。
買ったはいいけど扱いきれるだろうか…といった心配もあるでしょう。
そんな人たちに最後に一言。

「高価なカメラほど、オートで撮影しても綺麗な写真が撮れます」






箕面山 [旅行]

テストでGWに箕面山に行ったときの写真を掲載します。

IMG_0019.JPG

日本の滝100選に選定されている落差33mの滝。
滝自体は特別凄いというわけではありませんが、道中の紅葉や運がよければ出会えるニホンザルなど総合的にはオススメのスポット。
滝までの道も舗装されているので、勾配はあるものの比較的楽にたどり着けます。


IMG_0018.JPG

滝までの道中に撮った写真です。
右側に生えている木が、自然の屋根のようになっているところ。


IMG_0020.JPG

今回は運良く (?) 2回猿に出会うことができました。
そのうちの1箇所、滝のところにいた猿です。
滝の前でご飯を食べる人が多く、それを狙ってのことだと思います。
実際、目の前でポテトを奪われる人を見ました。
猿は本当に襲ってきます!
食べ物を見せびらかすようなマネはしないよう、注意してください。

タグ:旅行 箕面
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

-|2017年05月 |2017年06月 ブログトップ