So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

渡辺直美さんも使用しているカメラ『CANON PowerShot G7 X』 [おすすめ商品]

5月13日の「嵐にしやがれ」に渡辺直美さんがゲスト出演し、インスタグラム講座をしていました。
その中で紹介されていたのがコレ『CANON PowerShot G7 X』。
CANON の一眼レフにコンデジを所有している私歓喜。
※現在はモデルチェンジして『G7 X Mark II』になっています。

PowerShot G シリーズは、CANON のコンデジの中でもフラッグシップ (最上位) モデルです。
ただし、一言で G シリーズといっても「G1 X」「G3 X」「G5 X」「G7 X」「G9 X」と5モデルあり、数字が小さいほど高額になります。(ちなみに私は「G1 X Mark II」を所有しています)
G7 ということはさらに上に3モデルもあることになりますが、G3~G9 はカメラの心臓部ともいえる撮像素子のサイズがすべて1.0型と同じです。
つまり、基本的な性能である「画質」は同等ということになります。
なら何が違うのかというと…


▼ G3 X
焦点距離:24 - 600 mm
解放F値:F2.8 - F5.6
シャッタースピード:1~1/2000 秒
最短撮影距離:5 cm
連写撮影:5.9 コマ/秒
質量:733 g

25倍という、ものすごく高倍率で大きなズームレンズが付いています。
つまり、レンズ部が高価。
いろんなシーンで使える非常におすすめできる製品ではありますが、価格の高さと本体の大きさ・重さから万人におすすめはしづらいです。
ただ、よくある3~4万円の高倍率コンデジを買うぐらいなら、こちらをお勧めしたい。
値段の価値はものすごくあります。
さらに防塵・防滴のおまけ付き。


▼ G5 X
焦点距離:24 - 100 mm
解放F値:F1.8 - F2.8
シャッタースピード:1~1/2000 秒
最短撮影距離:5 cm
連写撮影:5.9 コマ/秒
質量:377 g

Gシリーズの中で唯一 EVF (液晶のファインダー) が付いたモデル。
EVF がある分やはり本体は大きくなります、特に縦方向に。
それ以外はほぼ G7 と同等なので、EVF に興味がある人は G5、ない人は G7 がおすすめです。


▼ G7 X Mark II
焦点距離:24-100 mm
解放F値:F1.8 - F2.8
シャッタースピード:1~1/2000 秒
最短撮影距離:5 cm
連写撮影:8 コマ/秒
質量:319 g

渡辺直美さんご愛用のモデル。
高性能で且つ余分なものが付いていないバランス型です。
普通のコンデジを少し大きくした感じで、カメラが趣味というわけではない一般の人が持ち歩けるギリギリぐらいの大きさです。


▼ G9 X Mark II
焦点距離:24 - 84 mm
解放F値:F2.0 - F4.9
シャッタースピード:1~1/2000 秒
最短撮影距離:5 cm
連写撮影:8.1 コマ/秒
質量:206 g

G シリーズの入門機。
G7 と比べて小型で 100g ほど軽い半面、下記のような劣っている点があります。
⇒ 液晶が固定。G7 はチルト型で動く。
⇒ 望遠側が少し短い。(G9 80 mm < G7 100 mm)
⇒ レンズが暗い = 暗いところでの撮影に弱い。(カメラ好きな人にとってはコレが特に重要)

※「F」の後ろの数字が明るさを表し、小さいほど明るいレンズとなります。また G7 の「F1.8 - F2.8」の場合、24 mm のときの明るさが F1.8 で、100 mm のときの明るさが F2.8 であることを表します。なお 24 mm から 100 mm の間は、段階的に F1.8 から F2.8 に上がっていきます。


以上のことから、G7 は高画質と持ち運びを両立したバランスのいいカメラということになります。
インスタ女王こと渡辺直美さんも愛用していることからも、その性能は折り紙付き。
ただ普段2~3万円のデジカメやスマートフォンでしか撮影していない人にとっては、約6万円という価格は結構抵抗があると思います。
しかし高価なカメラほど、オートで撮影しても綺麗な写真が撮れることは頭の隅に留めておいてください。


▼ おまけ
このクラスのカメラを買うと、さらに写真を綺麗に撮りたいと思うようになります。
そこで重要なのが三脚。
下記はイタリアの大手三脚メーカー、マンフロットのミニ三脚です。
卓上での撮影や、居酒屋など少し暗い室内、夜景の撮影などにおすすめです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0