So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

朝来市ぶらり旅 (後半) 「神子畑鋳鉄橋~神子畑選鉱場」 [旅行]

朝来市ぶらり旅 (前半)」の続きです。

お昼は朝来SAこと「フレッシュあさご」で済ませて、次の目的地へ移動です。
ちなみに道は狭く入り口はわかりにくいですが、一般道からも入れます。

▼ 神子畑鋳鉄橋 (無料駐車場あり)
鋳物で作られたものとしては日本最古、現存している全鋳鉄製の橋として最も古い橋。
明延鉱山から採掘されたものを、神子畑選鉱所や生野精錬所まで輸送する運搬路の一環として建設されたものとか。
目立つ目標はないので、通り過ぎないように注意。
朝来ICから向かう際は、左側に何か駐車スペースがあるなと思ったらそこです。


この日は水量が少なかったので、下流側真正面から1枚。
こういう歴史のある橋って移設して池にあることもありますが、こちらはちゃんと川に架かってます!
2I1A1372.JPG
(1/10秒、F16.0、ISO100)

上流側から。
鋳物っぽいと言っていいのかわかりませんが、表面は独特な色ですね。
ちなみに、写真はないですが歩くところは木の板になってます。
2I1A1384.JPG
(1/40秒、F6.3、ISO100)


▼ 神子畑選鉱場 (無料駐車スペースあり)
神子畑鋳鉄橋のすぐ傍にある、かつては「不夜城」とも呼ばれた選鉱場。
神子畑鋳鉄橋に来るのは3回目なのですが、実は神子畑選鉱場に来たのは今回が初。
こんなものがあるなんて今まで気づきませんでした。(*‘∀‘)


この特徴的な丸い屋根は、シックナーという非ろ過分離装置というものだとか。
細かい個体の混ざった液体から、液体のみを取り除いて個体物を得るようです。
2I1A1253.JPG
(1/40秒、F6.3、ISO100)

離れたところから見るとこんな感じ。
丸い屋根の建造物が2つあります。
ネットで探せばドローンで上から撮った映像もあるので参考にどうぞ。
(立ち入り禁止区画での撮影はおすすめしませんよ?)
2I1A1473.JPG
(HDR、ISO100)

山の斜面を利用した機械選鉱場の跡地。
昔はこの斜面に建物が建ってて、採鉱した鉱石を必要・不要物に仕分ける作業をしてたみたいです。
(Wikipedia に当時の写真が少しあります!)
2I1A1262.JPG
(1/50秒、F6.3、ISO100)

高低差75m、長さ170mほどになると思われるケーブル式トロッコの線路。
跡は跡で趣があっていいけど、やっぱり動いていた頃を見たかったですね。
2I1A1403.JPG
(1/50秒、F6.3、ISO100)

周辺に何もないし内部には入れないため外から眺めるだけになりますが、この特徴的な建造物は一見の価値があります。
個人的におすすめポイントです。
あと「1円電車」があったり、夕方ぐらいまでならトイレも使えるという地味に助かるポイントでもあります。
コンビニとか近くにないですからね。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。